2017年4月22日

Toastmaster Of The Day (TMOD)の役割

トーストマスターズクラブでは、レギュラーミーティング(例会)の司会役を、”Toastmaster Of The Day (TMOD) ”と呼びます。

TMODは、例会の司会、進行を行う役割でスムーズに進めるために、事前に各ロール担当者と連絡を取り、 アジェンダを作成します。
 
TMODには、Competent Leadershipマニュアルの以下のプロジェクトで課題が与えられます。
  • Project 4. Time Management
  • Project 5. Planning and Implementation
  • Project 7. Facilitation
  • Project 8. Motivation
例会の2週間前にVice President Education(VPE)からTMODにアサインされたら、該当するプロジェクトを読みましょう。初めてTMODにアサインされたら、メンターにもアドバイスを求めましょう。

当日までの準備フロー

例会の2週間前

  • Vice President Education(VPE)が次回ミーティングのPreliminary Agenda(仮アジェンダ)を作成し、ロールをアサインをしてから、メンバーに仮アジェンダをリリースします。
  • 仮アジェンダがメーリングリスト(ML)にリリースされたら、例会のロールとアジェンダの確定責任はTMODに移ります
    • 出席確認者がロール数に満たない場合は、空きロールが残っている場合もあります。空きロールのアサイン責任もTMODに移ります。
  • TMODは、メンバーにロールを引き受けるかをeasy-Speak上で確認するようにMLにメールします。
  • メンバーがロールを辞退したときは、その空きロールを他のメンバーにアサインします。
    • この間にeasy-Speakで出席を通知してくるメンバーもいます。
    • TMODはこまめにeasy-Speakをチェックして、新しく出席を通知してきたメンバーに空きロールをアサインしましょう。

例会の1週間前

火曜日

  • Prepared Speaker(準備スピーカー)は、例会の週の火曜日中に下記のスピーチ情報をeasy-Speakに入力することになっています。
    • スピーチのタイトル
    • スピーチの教材となるマニュアル名
    • スピーチの課題(プロジェクト)名
  • TMODは、easy-Speakに上記の情報が入力されているかを確認して、漏れがあれば準備スピーカーに催促します。

木曜日

  • GRAHCOは、例会の週の木曜日中にWord of the Dayをeasy-Speakに入力することになっています。
  • TMODは、easy-SpeakでWord of the Dayを含む全ての例会情報が入力されているかどうかを確認して、漏れがあれば各担当者に催促します。
  • TMODは、アジェンダを確定して、MLでメンバー全員にメールでお知らせします。

土曜日(例会当日)

  • 当日出席者(出席予定メンバー+ゲスト)分のアジェンダを印刷し、当日持参します。
  • Competent Leadershipマニュアルをメンターまたは他のメンバーに渡して、評価を依頼します。

参考

みなとみらいトーストマスターズクラブ公式サイトで、 easy-Speak Manual for TMOD(日本語版)をダウンロードいただけます。
Share: