2019年5月26日

第292回英語スピーチ例会6/8(土)14:00@横浜市市民活動支援センター(桜木町駅付近)

第292回みなとみらいトーストマスターズクラブ英語スピーチ例会は、6/8(土)14:00-16:00に桜木町駅付近の横浜市市民活動支援センター4Fセミナールームで開催予定です。


トーストマスターズクラブの例会でどのように英語プレゼンを練習しているのか、そこでどんなコミュニケーション・スキルが身につくのか、ご興味がある方は、見学(ゲスト参加)にお越しください。

見学ご希望の方は、クラブ公式サイトのお問い合わせフォームからお申し込みいただけます。Facebookをお使いの方は、クラブのFacebookページのイベントの「参加予定」ボタンでもお申し込みいただけます(どちらか一方でけっこうです)

次回以降の開催予定

Next English Speech Meeting

The club meeting will be held at Yokohama-shi Shimin Katsudo Shien Center.
Our regular club meeting will have 3 sessions as follows.

- Table Topics (an impromptu speech competition)
- Prepared Speech (presentations in 5~10 minutes)
- Evaluation (Feedback to each prepared speech)

Guests are always welcome. Come and join us. Schedule is subject to change.
If you want to attend, please apply from this contact form.

English Speech Meeting Schedule

Share:

2019年5月18日

第291回英語スピーチ例会5/25(土)14:00@神奈川婦人会館

第291回みなとみらいトーストマスターズクラブ英語スピーチ例会は、5/25(土)14:00-16:30に神奈川婦人会館第4会議室で開催予定です。
※会場は主に使用している「横浜市民活動支援センター」ではなく、「神奈川婦人会館」です。お間違いなく!


トーストマスターズクラブの例会でどのように英語プレゼンを練習しているのか、そこでどんなコミュニケーション・スキルが身につくのか、ご興味がある方は是非、見学(ゲスト参加)にお越しください。

見学ご希望の方は、クラブ公式サイトのお問い合わせフォームからお申し込みいただけます。Facebookをお使いの方は、クラブのFacebookページのイベントの「参加予定」ボタンでもお申し込みいただけます(どちらか一方でけっこうです)

次回以降の開催予定

Next English Speech Meeting

The club meeting will be held at Kanagawa_Fujin_Kaikan.
Our regular club meeting will have 3 sessions as follows.

- Table Topics (an impromptu speech competition)
- Prepared Speech (presentations in 5~10 minutes)
- Evaluation (Feedback to each prepared speech)

Guests are always welcome. Come and join us. The schedule is subject to change.
If you want to attend, please apply from this contact form.

English Speech Meeting Schedule

Share:

Fulfillmentへのconsciousnessを忘れずに♪令和最初の第290回英語スピーチ例会レポート!!


英語スピーチ例会レポート


令和最初の英語スピーチ例会レポートです!本日のTMODはTmさん。ミーティングテーマは「Fulfillment」。充実感、約束や義務という単語に、新たな時代への未来への期待と決意がこめられていました。

本日のword of the day


本日のword of the dayは“conscious(adj)”。意味は自覚がある、意識的な。

何かをやり遂げ、Fulfillmentを感じるためには、まずそれを自覚し、気にかけて行動することが必要、とのことで、ミーティングテーマと関連付けたword of the dayでした。例会中はまさに、この単語を使おうと「意識をして」皆が英語スピーチをしていました。 

準備スピーチセッション


Ysさん。“Anybody Can Start Their Own Business” という英語スピーチでした。Airbnbをご自宅で開業するまでの1年間の準備期間において学ばれたことをお話しされました。インターネットから知識を蓄え、開業する自信を得られたそうです。また、的確な助言をくれる良い専門業者と組むことで、安心して開業への一歩が踏み出せたそうです。

私たちクラブでも、論評スピーチや手書きのコメントシートを通じて、メンバー同士がお互いの味方であり、応援団であるという信頼関係に包まれています。安心して英語スピーチに挑戦することができるのは、成長を見守ってくれる味方がいるからです。近年話題のAirbnbというキーワードです。どのようなお客さんが宿泊しに来たか、今後のスピーチでぜひ聞いてみたいです。

Gtさん。“My father and the SL” という英語スピーチでした。鉄道会社に勤務されていたお父様について先月披露された英語スピーチの進展版でした。前回のスピーチに対する論評を踏まえて、より良いものに練り上げて同じテーマでスピーチを書き上げる、というPathwaysからの課題でした。前回の助言に沿って、視覚に訴えられるような小物や写真をふんだんに登場させていらっしゃいました。

SLを古い不要物として眠らせておくのではなく、人々に小説や夢のモチーフとして見せて観光資源とするという手法で、観光客を呼び込んだのが25年前。現在はさらに進化した売り出し方でSLが活躍しています。時代を経ても人々をひきつける魅力がSLにはあるのですね。歴史あるものを尊重し、人々の心を揺さぶる価値を見出す、そしてその価値を外形から感じてもらえるように磨くことの大切さを語られました。 

旅行好きのMtさん。“Local and Seasonal” という英語スピーチでした。欧州で経験された、驚くほど濃厚な味でみずみずしい地元食材や旬の時期にしか出回らない幻の果物とのエピソードをお話しされました。

日本では野菜など一年中安定して販売されていて便利な一方、新鮮で栄養価の高い地元食材や旬の食べ物への関心が薄れている気がします。今が旬の野菜を調べてみようと思いました。 

あとがき


どれも話者の個性のあふれるテーマで、分野が全て異なるものでした。聞きごたえがありました。また、Snさんのジョークアンドティップスセッションで紹介された、英語プレゼンテーションの練習法も印象に残りました。

トーストマスターズマガジンの中から気になる記事を選び、著者になった気分で「音読」するという方法でした。 世界中のトーストマスターズクラブによる、前向きな記事ばかりが掲載されているため、気分よく読めるそうです。文字数の制限をクリアしている記事を声に出すことで、スピードや発音も気にしつつ、プレゼンテーションの良い練習になりそうですね。真似してみます!

English speech meeting report


It is the first English speech meeting report of Reiwa! Today's TMOD is Tm. Meeting theme is "Fulfillment", which means fulfilment, promises and obligations. His message was the hope and determination for the future of the new era.

Prepared speech session


The first person was Ys. The speech title was “Anybody Can Start Their Own Business ”.

She talked about what she learned during the one-year preparation period for opening Airbnb at home. She got knowledge from the Internet and gained the confidence to start the business. In addition, one step to start the business could be taken with confidence by partnering with a good specialist that gives accurate advice.

In our club, too, evaluation speeches and comment sheets show our trusting relationship. We can challenge speeches safely as there are members who support our growth with each other. Airbnb is a trendy keyword in recent years. I would like to hear in future speeches what kind of customers have come to stay.


Next speaker was Gt. The speech title was "My father and the SL".

It was a sequel to an English speech given last month about his father who was working for a railway company. Based on the evaluation of the previous speech, the task was to formulate a better one and write the speech on the same theme. Based on that, he used many visual aids, accessories and photos appealing to the eye. 



Instead of letting SL sleep as an old unnecessary thing, his father showed it as a motif of novels and dreams. SL was reborn as tourism resources 25 years ago. SL plays an active part in the sales method which evolved further now.

SL has an attractiveness that attracts people even over time. He emphasized the importance of respecting historical things, finding its values, and polishing it so that it could shine enough felt from the outside.

Next speaker was travelling-lover, Mt. The speech title was “Local and Seasonal”. She introduced 2 episodes she experienced in Europe. They were about the amazing flavours of the fresh local vegetables and the rare fruits that are sold only during the best season.

In Japan, vegetables and fruits are sold stably all year round and it is so convenient. At the same time, however, our interest in fresh and nutritious local foods or seasonal foods is diminishing. I would like to check seasonal vegetables from the next time!

Postscript


All speeches were a theme full of the speaker's personality, and they were really unique. We enjoyed listening to them very much! Also, I was impressed by how to the practice of the English presentation, introduced in Sn's joke and tips session.

Select an article of interest from Toastmasters Magazine, and "read aloud" as if you are the author. All articles are inspiring powerful as they were written Toastmasters around the world, so you can read it positively. You may be able to pay attention to the speed or pitch as well, using the articles have cleared the character limit. I will try this way! Thank you for sharing nice tips!
Share:

2019年5月13日

トーストマスターズ・2019ディストリクト76全国大会参加レポート!

2019年5月10日から12日にかけてトーストマスターズ・2019ディストリクト76全国大会がタワーホール船堀にて開催されました。

近年の活動実績によりディストリクト76からみなとみらいトーストマスターズクラブは下記の表彰を受賞致しました!

■WebサイトPRコンテスト:第3位

■ホール・オブ・フェイム
Individual Education Awards:Imさん
Individual Education Awards:Ydさん
Outstanding Contribution of the Year:Ydさん

ImさんはDTM獲得の功績により受賞(注1)、Ydさんはディストリクト76(注2)への複数の貢献・トリプルクラウン等により受賞です。

■Distinguished Club Program:(注3)
President's Distinguished Clubs

2017年から2018年にかけての優れたクラブ運営に対し受賞です。先期プレジデントのFwさん、VPEのSbさん、ありがとうございました!

本年の受賞実績は下記の通りです!

クラブ・メンバーがこのように栄誉ある表彰を戴いた事を誠に光栄に思います!!

改めまして、みなとみらいトーストマスターズクラブは、2007年6月13日にToastmasters Internationalから認定されて発足しました「英語の話し方」と「リーダーシップ」を鍛錬するためのクラブです。発足以来、横浜で毎月第2、第4土曜日の午後2時から2時間の例会を開催しています。みなとみらいトーストマスターズクラブは、完全に会員だけで自主的に運営しています。

大多数が別に本業の仕事を持つメンバーで構成されています。各々の本業での得意分野を持ち寄って、温かい雰囲気のなか、学びの多い時間が過ごせるよう効率的なクラブ運営しております。複数人のDTM・それが本質では有りませんが英語ネイティブ、海外滞在経験の豊富なメンバーを数多く擁しております。









私たちと一緒に活動してみませんか?







ゲストとして見学ご希望の方は、クラブ公式サイトのお問い合わせフォームからお申し込みいただけます。Facebookをお使いの方は、クラブのFacebookページのイベントの「参加予定」ボタンでもお申し込みいただけます(どちらか一方でけっこうです)


(注1)DTM=The Distinguished Toastmasters。トーストマスターズクラブでの最高位認定の表彰。複数のマニュアルやクラブ立ち上げ等、経験と実績を兼ね備えたトーストマスターに贈られる。
(注2)クラブを構成する単位の一つ。クラブ→エリア(横浜市内くらい)→ディヴィジョン(神奈川県内くらい)→ディストリクト(全国大会)の単位によって区切られる。2018年のみなとみらいトーストマスターズクラブはエリア52、ディビジョンE、ディストリクト76に所属します。
(注3)Distinguished Clubs Program=DCP。新規メンバーの入会や各種マニュアルの完了等、優れた運営実績を残したクラブに贈られる表彰制度。President's Distinguished Clubsを獲得出来るのは約200ある団体のうち獲得出来るのは上位10%程度と言われる。

2019 District 76 Annual Conference Report


The Toastmasters 2019 District 76 Annual Conference was held at Tower Hall Funabori on May 10 to 12, 2019,
We have received the following awards for our recent activities!

■ Website PR Contest: 3rd place



■ Hall of Fame
Individual Education Awards:TM Im
Individual Education Awards:TM Yd

Outstanding Contribution of the Year:TM Yd

TM Im was awarded for her achievement of DTM, and TM Yd was awarded for his multiple contributions to District 76.

■Distinguished Club Program: 
President's Distinguished Clubs

It is an award for distinguished club award 2017 to 2018. Thank you for the immediate President TM Fw and VPE TM Sb! I am truly honoured that our club and members have received such prestigious awards!

Minato Mirai Toastmasters Club was founded as an English club on June 13, 2007, and has been established to learn "how to speak" and "leadership". Since our foundation, we steadily have been holding regular meetings from 2:00 pm on the second and fourth Saturdays every month in Yokohama. We operate the club by members ourselves wholly.





Do you want to grow?






As a guest, if you would like to visit, you can apply from the contact_form on the club official site. If you use Facebook, you can also sign up for the "Join" button on the club's_Facebook_page event (either is fine).
Share:

2019年5月4日

第290回英語スピーチ例会5/11(土)14:00@横浜市市民活動支援センター

第290回みなとみらいトーストマスターズクラブ英語スピーチ例会は、5/11(土)14:00-16:00に横浜市市民活動支援センター4Fセミナールームで開催予定です。


トーストマスターズクラブの例会でどのように英語プレゼンを練習しているのか、そこでどんなコミュニケーション・スキルが身につくのか、ご興味がある方は是非、見学(ゲスト参加)にお越しください。

見学ご希望の方は、クラブ公式サイトのお問い合わせフォームからお申し込みいただけます。Facebookをお使いの方は、クラブのFacebookページのイベントの「参加予定」ボタンでもお申し込みいただけます(どちらか一方でけっこうです)

次回以降の開催予定

Next English Speech Meeting

The club meeting will be held at Yokohama-shi Shimin Katsudo Shien Center.
Our regular club meeting will have 3 sessions as follows.

- Table Topics (an impromptu speech competition)
- Prepared Speech (presentations in 5~10 minutes)
- Evaluation (Feedback to each prepared speech)

Guests are always welcome. Come and join us. Schedule is subject to change.
If you want to attend, please apply from this contact form.

English Speech Meeting Schedule

Share:

New era is coming!平成最後の第289回英語スピーチ例会レポート!!


英語スピーチ例会レポート

平成最後の英語スピーチ例会レポートです!本日のTMODはGtさん。ミーティングテーマは「New era is coming」。みなとみらいトーストマスターズクラブには外国籍の方もいるのですが、配慮の行き届いた例会運営でした。

令和はどんな未来になるでしょうか。「ブレードランナー」や「時計じかけのオレンジ」のような未来でしょうか。「パシフィック・リム」や「レディ・プレーヤー1」のような未来でしょうか。

本日のword of the day


本日のword of the dayは”serene(adj)”。意味は落ち着いた、平静な。皇室の持つ静謐なイメージから、Nkさんにチョイスいただきました。本日は新元号という時節柄、皇室に関連する回答が多かったです。

準備スピーチセッション


一人目のTkさん。”Improve Your Phone Voice!” という英語スピーチでした。Tkさんが、経験した電話応答の失敗談から、人生を良くするための電話応答の方法をお話しいただきました。写真でご覧の通り、電話機の実機やイラストを用いて発表されました。Happyな”Hello”とUnhappyなHelloの実例をメンバーに実践してもらう等よく練られた英語スピーチでした。

昔、営業マンをやっていた時に上司から、「性能も価格も同じなら、より元気のある営業マンから買うのが人間心理」と言われた事が有ります。「メラビアンの法則」によると、人が好感を抱く要因は、視覚情報が55%,口調や話の早さが38%,言語情報が7%と言われるそうです。トーストマスターズクラブで鍛えられるのは全体の45%に過ぎないのかもしれません。


2人目のAdさん。若くしてリーダーになられた時の経験をお話いただきました。一挙手一投足を指示するリーダーシップスタイルで失敗した経験を基に、どのように部下へのアプローチ方法を変更し、チームを成功に導いたのか、という英語スピーチでした。Adさんのリーダーシップスタイルは会社を変えても変わらないそうです。

トーストマスターズクラブはリーダーシップを鍛錬する場所です。経営学の分野ではこの研究が盛んで、「リーダーシップにカリスマは不要である」という学説があります。経営学者の野中郁次郎氏は「カリスマ」に依らない「実践知」という方法でリーダーシップを説明しています。前者はウィンストン・チャーチル型、後者はドワイト・アイゼンハワー型だそうです。


3人目のKrさん。読まれた洋書の「Penguin Lesson」を抜粋してお話頂きました。海辺で散歩していたら重油まみれのペンギンを発見した主人公のトム。海へ帰そうと試みるが、懐かれてしまい、別れられない。家に放っておくが、後悔の念が消えない主人公のトム。” ファン・サルバトーレ” という名前を付ける事により無事なペンギンに再度出会う事が出来たという心温まるストーリーでした。

“社会化”が物語のキーだと思いました。犬に育てられた少女が人間社会に復帰出来なかったように、名前は人間社会特有のもので、それが付与された途端、人格になるという事です。新手の英語スピーチスタイルを試されたKrさんの姿勢に敬意を表したいです。


4人目のAsさん。「引き伸ばし」は脳の中でどのように起こっているのか。という英語スピーチでした。脳のある部位では論理的な思考を、別の部位では感情的な思考を司っているそうで、我々が引き伸ばしをしている時、脳の中ではこの二つの部位がせめぎ合っているそうです。解決策としては、「ゴールを明確に描くこと」と「瞑想の時間を持つこと」だそうです。

第282回の英語スピーチ例会でNkさんが、「引き伸ばし」を防ぐための5秒ルールというジョークアンドティップスをお話しされたのは記憶に新しいですが、論理を司る部位にスイッチを切り替える事が重要なのかもしれません。

あとがき

本年度のみなとみらいトーストマスターズクラブコンテストシーズン(日英のスピーチやウェブサイトコンテストなど)が終わりました。みなとみらいトーストマスターズクラブも大健闘と言っても過言では無い結果を残す事が出来たと思っています。最近、野村克也監督の「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉の意味をよく考えます。こと「勝負事」に関しては、「負ける」時には必ず何らかの敗因が潜んでいると言う事です。

それは、競合との力量差であったり、準備不足であったり、審査基準への適合性(自分が参加するゲームを間違えていないか?)であったりする訳です。しかし同時に「勝者には何も与えるな」という言葉も思いつく訳です。1位を取れなかった事で上を目指す余地が出来るからです。トーストマスターズクラブの勝負事(コンテスト)に関しては、コメントシートやフィードバックによって、勝者「も」与えてもらっているので、この限りでは有りませんが。

English speech meeting report



It is the last English speech meeting report of Heisei! Today's TMOD is Gt. Meeting theme was "The new era is coming". We also had foreign members, so it was a well-organized meeting to comprehend for them.

What will happen in the future? Is it the future like "Blade R
unner" or "A Clockwork Orange"? Is it the future like "Pacific Rim" or "Ready Player 1"? 

The first person was Tk. The speech title was “Improve Your Phone Voice!”. Tk told us how to respond to a phone call to improve our life from her failure. As you can see in the photo, she demonstrated the speech using the real phone and illustration. It was a well-designed English speech so that all of us were involved by incorporating the conversation into speech, such as “Happy Hello" and “Unhappy Hello” examples.

When I was a sale representative, my boss told me, "If the performance and price are the same, it is natural that customer buys the products from a more energetic salesman." According to the "Mehrabian's Theory", the factors that human beings like are said to be 55% for visual information, 38% for voice tone and speaking speed, and 7% for linguistic information. Only 45% of the whole may be trained in Toastmasters.


Second Ad. She talked about her experiences when she was young and became a leader. The story was about how to change her approach to the subordinates and lead her team to success. It was based on her experience of failing in a leadership style that dictates every move. Ad's leadership style seems to be the same even if she changed onto other surroundings.

Toastmasters Club is a place where we train the leadership. This topic is popular in the field of MBA. And there is a theory that "charisma is not necessary for leadership". Renowned scholar Ikujiro-Nonaka explains leadership in a way of "practical knowledge" that does not rely on "charisma." It is said that the former is Winston Churchill type, the latter is Dwight Eisenhower type. 


TM Kr, third person. She excerpted the story from the foreign book "Penguin Lesson". The main character Tom who discovered a penguin covered with thick oil when taking a walk on the beach. He tried to let it back to the sea, but He couldn't break up. Penguin was left to the house, but he couldn’t remove his anxiety. Finally, he could meet the penguin in a safe condition by naming “Fan Salvatore”.It was a so heartwarming story.

I thought "socialization" was the key to the story. Just as a girl raised by a dog could not return to human society, the name is unique to human society, and as soon as it is granted, it becomes a personality. I would like to honour the attitude of Kr who tested the new speech style. 


The fourth speaker was TM As. How does "procrastination" happen in the brain? In one part of the brain, it is said that logical thinking was handled, and another part of the brain, emotional thinking is dealt, and when we are procrastinating, it seems that these two parts are in conflict in the brain. The solution seems to "draw goals clearly" and "have time for meditation without thinking".

A few months ago, TM Nk talked about “5 seconds rule to prevent us from procrastination" at joke and tips session, the 282nd English speech regular meeting, it is important to switch to the part which manages logic.



Postscript

This year's our contest season (Japanese and English speech, website contest, etc.) has finished. We could achieve a significant result without exaggeration! Recently, I have carefully considered the meaning of the Katsuya Nomura's remark "There is winning done by mystery, but there is no defeat without reason". When it comes to the competition, there is always a cause for defeat somewhere.

Did we not prepare well for the game?
Was there any overwhelmed power difference against competitor??
Could we not match for the contest criteria or fail to select the game that we attend???

But at the same time, the proverb "don't give anything for the winner" also comes up. As there is the room to improve for aiming the first place. With regard to the Toastmasters Club contest, the winner is also given the gift by the comment sheet and feedback.
Share:

2019年4月20日

第289回英語スピーチ例会4/27(土)14:00@横浜市市民活動支援センター

第289回みなとみらいトーストマスターズクラブ英語スピーチ例会は、4/27(土)14:00-16:00に横浜市市民活動支援センター4Fセミナールームで開催予定です。

トーストマスターズクラブの例会でどのように英語プレゼンを練習しているのか、そこでどんなコミュニケーション・スキルが身につくのか、ご興味がある方は是非、見学(ゲスト参加)にお越しください。

見学ご希望の方は、クラブ公式サイトのお問い合わせフォームからお申し込みいただけます。Facebookをお使いの方は、クラブのFacebookページのイベントの「参加予定」ボタンでもお申し込みいただけます(どちらか一方でけっこうです)

次回以降の開催予定

5/11(土)14:00-16:00@横浜市市民活動支援センター
5/25(土)14:00-16:00@神奈川婦人会館
6/8(土)14:00-16:00@横浜市市民活動支援センター

Next English Speech Meeting

The club meeting will be held at Yokohama-shi Shimin Katsudo Shien Center.
Our regular club meeting will have 3 sessions as follows.

- Table Topics (an impromptu speech competition)
- Prepared Speech (presentations in 5~10 minutes)
- Evaluation (Feedback to each prepared speech)

Guests are always welcome. Come and join us. Schedule is subject to change.
If you want to attend, please apply from this contact form.

English Speech Meeting Schedule

Share: