2017年3月26日

メンバーの声(トーストマスターズクラブへの感想)

クラブのメンバーにみなとみらいトーストマスターズクラブの感想を聞いてみました。

T.Y. (since 2007)

2007年6月, 英語のコミュニケーションとリーダーシップのスキル向上をめざして、「みなとみらいトーストマスターズクラブ」を設立しました。みなとみらい地区は、とても近代的で魅力的な場所ですので、いつも新鮮でフレンドリーな雰囲気での例会になっています。また、例会後のみなとみらい地区での二次会も楽しく友好を深めています。私のモットーは、「楽しみの中に学びがある」ことです。つまり、自分がやっていることを楽しむことで成長していきます。入会した当時は、極度の緊張であがることがよくありましたが、他のメンバーからの励ましにより、だんだんと自信がつき、いろんな役割をこなすようになってきました。さらには、自分のスピーチに対する建設的なフィードバックを得ることで、コミュニケーションの向上にも役立っています。異なったバックグランドの人たちとのコミュニケーションを通じて視野を広げることもできます。当クラブを訪ねると、あなたの世界が変わるかもしれません。お気軽な訪問、大歓迎です。

M.I. (since 2007)

10年アメリカに滞在していましたため、帰国してから英語力のスキル維持のために何か良い場所がないか探していたところ、ローカルペーパーにトーストマスターズのミーティングの案内があり見学に至りました。
メンバーの情熱のあるスピーチに圧巻されたのを今でも覚えています。年齢層もバックグラウンドも様々なメンバーのスピーチに感化され自分の幅も広がり、仕事にも役立つという英語力維持以上のものが得られます。なによりみなとみらいのメンバーは家族のように温かく親身に改善点を教えてくれます。
もちろん仕事で忙しい時期、出席できないこともありますが、長く10年もメンバーを続けることができるのは、みんなが大好きで、10年いても、なおスキルを上げたいと思うことができる場所だからだと思っています。

Y.F. (since 2007)

英語を勉強をしようと思って、いろいろ調べていた頃に、たまたまチラシを見て、トーストマスターズクラブのことを知りました。それが、たまたま設立準備中だったみなとみらいトーストマスターズクラブでした。
みなとみらいトーストマスターズクラブは、年代もバックグラウンドも違う人達が集まっています。毎回の例会が英語の異業種コミュニケーションみたいな感じで、おもしろくて続けています。例会は堅苦しくなくて、英語があまりうまくなくてもメンバーのみなさんが受け入れてくれる懐の深さが好きです。

T.I. (since 2007)

10年前、ローカル紙の小さな記事に「トーストマスター」という見慣れない言葉をみつけ会場に来てみると、みなとみらいトーストマスターズクラブの立ち上げ中の例会が行われていました。長い外国生活の後、英語をブラッシュアップする所を探していた私にとり、願ってもない場所ですぐ入会しました。そんな場所に巡り合え、ほんとにラッキーだったと思います。
今や、生活の中心を占め、土曜日に二つのクラブで楽しんでいます。いろんなタイプのスピーチをし、フィードバックをし合います。例会後のおしゃべりとビールも欠かしません。興味があれば役員になったり、コンテストの運営にも参加できます。春、秋の全国大会では日本中のトーストマスターと顔をあわせます。大会が地方で開催されるときは旅行気分で出かけます。
若いメンバーにも、私のようなシニアにも、トーストマスターは一生楽しめるものではないかと信じています。自分のペースで楽しむことができます。もし少しでも興味がある方は気軽に訪問してみてください。全く新しい世界が開けますよ。

M.F. (since 2011)

私は昔、英語でODA関係の仕事していました。その仕事が終わって一切英語を使わなくなってしまいました。ABCも使わないほど英語から遠ざかっていた頃、映画を見ていて「こういう英語を理解したい、自分でも使いたい。」と思うようになりました。
そんなときトーストマスターズクラブのことを知って、みなとみらいトーストマスターズクラブ例会を3回見学しました。Table Topicsで話したとき、私の忘れている英語でも使えるなと思いました。
みなとみらいトーストマスターズクラブに入ってからは、Joke/Tips SessionやPrepared Speechでみんなが笑ってくれました。
ああ、そうか!みんなの知らない私の経験を英語で話せばいいんだ!
そこからどんどん楽しくなってPrepared SpeechでBest Speakerにも選ばれるようになりました。それが、とっても気持ちが良かったの!
自分のエクスペリエンスを話したり、他の人もエクスペリエンスも聴いたりしているうちに、もっと続けたいと思うようになって、今も続けています。

A.I. (since 2014)

英語を良くしたいと思って「みなとみらいトーストマスターズクラブ」に入りました。
何度か例会に出るうちに、スピーチでは、英語に関する知識よりも「何を言いたいか」がより大事だと思うようになりました。僕にとって英語のスピーチは簡単ではありません。適当な言葉や言い回しが出てこないことがよくあります。また、文法的には誤った表現を使うことも多々あります。そんな時、「間違いを恐れるな」と自分に言い聞かせています。
是非、例会に参加しあなたの思うことを英語で伝えてみてください。きっと良い雰囲気の中たくさんの刺激が見つかると思いますよ。

Y. M. (since 2015)

みなとみらいトーストマスターズクラブを初めて見学した時、スピーチの面白さ、メンバーの英語力の高さ、改善点の建設的な伝え方など、全てが勉強になると感じました。今でも、毎回の例会が新鮮で、得るものばかりです。
スピーチの題材は、基本的に自分で決めます。自分の好きなことや興味のあることについてメンバーに聴いてもらう数分間は、私にとって大変貴重な時間です。調子に乗って、私の海外での体験、家族の笑い話、日本神話のことなど、好きな話を沢山聞いてもらっています。
自分が用意したスピーチをする前は、今まで経験したどんな英会話教室よりも必死に準備をします。それでも、毎回いくつもの改善点が見つかるものです。仕事などで人前で話す機会にも、この経験は役立っており、今では勇気を持って発言ができるようになりました。 是非一度、見学にいらして、まずは雰囲気を楽しまれてください。お待ちしています。

T. S. (since 2015)

仕事で英語を磨かなきゃまずいなと思っていたときに、知人から聞いたトーストマスターズクラブのことを思い出しました。2015年3月に近くのクラブを探してみなとみらいトーストマスターズクラブを見学しました。内心「日本人同士で英語ってどうよ?」と思っていただけに、あのときの衝撃は忘れられません。
これはTED Talkか!?こんなにも英語プレゼンがおもしろいなんて!
トーストマスターズクラブの相互支援学習の仕組みはまさに私にぴったりでした。メンバーの皆さんから様々なご意見をいただけてスピーチのたびに勉強になります。また、各スピーカーに対して意見をポジティブに伝える場でもあるので、単に話すだけでなくポジティブにコミュニケーションするスキルが鍛えられます。 英語力をつけたいけど英会話スクールに行く気がしないという方にとって、トーストマスターズクラブは有望な選択肢だと思います。
Share: