2017年1月28日

トーストマスターズクラブのマニュアル(テキスト)

トーストマスターズクラブでは、テキストのことをTextbookとは呼ばずManualと呼びます。
トーストマスターズクラブには、CommunicationとLeadershipの2種類のマニュアルがあり、例会のロールを通じて、これらを学んでいきます。

Communication Manual

トーストマスターズクラブに入会して最初の方は、Competent Communication(通称CCマニュアル)から始めます。

スピーチのたびに、Projectごとに異なる課題を学び、スピーチの原稿を作るガイダンスになります。

スピーチの内容を考える時には、必ずこのマニュアルに目を通して、コミュニケーションスキルを磨く参考書です。

マニュアルは、プロジェクトごとにスピーチ時間を決めています。原稿を覚えてスピーチするときは、90語/分、オーディエンスへの質問、ホワイトボード、プロジェクタを交えるときを80語/分を目安に原稿を起こしてみましょう。

また、自分がスピーチを行う当日、自分のEvaluatorにこのマニュアルを渡し、Evaluationを記載してもらいます。

ACマニュアル修了後は、15種類ものAdvanced Communication Manuals(通称:ACマニュアル) が用意されています。「英語で人をもてなすスピーチをしたい」「英語で共感できるスピーチをしたい」などのニーズに合わせてマニュアルを選ぶことができます。

詳しくは、みなとみらいトーストマスターズクラブ公式サイトから"Toastmasters International's Advance Communication Manuals"をダウンロードしてご覧いただけます。

Leadership Manual


トーストマスターズクラブのユニークなところは、例会(Meeting)のあらゆるロールについて評価項目が示されていて、Timerのような小さなロールでも気づきや学びがあることです。

Prepared Speech以外のロールがアサインされたら、まずCompetent Leadership(通称CLマニュアル)で、今回アサインされたロールの評価項目をチェックしましょう。

予めeasy-Speakでアジェンダを見ておき、Prepared Speaker以外の誰かに評価を書いてもらいましょう。

これはポイント制なので、溜まっていくと、表彰され、さらに上ランクのリーダーシップスキルを学ぶ機会を与えられます。

LeadershipもCommunicationも、BasicからAdvanceまで様々で、マニュアルの種類も複数あります。
Share: